ルネスタの購入は通販or処方or市販?

即効性の高い睡眠薬として評判のルネスタ。
試してみたいと思ったら・・病院に行く?ドラッグストアや通販サイトで探してみる?

どこで購入できるのか正しいルートを知らなければ、なかなか睡眠障害(不眠症)の改善に踏み出すことがはできません。

少しでも早く安定した眠りを手に入れるために、ルネスタの手軽な購入方法を知って上手に活用していきましょう。

ルネスタは処方箋が必要な睡眠薬

ルネスタの購入方法は

まず確認しておきたいのが、ルネスタは医師の診断が必要な処方薬であるということ。
精神科やメンタルクリニックなどを受診しなければ、手に入れることはできません。

しかしルネスタの購入方法は、通院だけではないんです。
個人輸入の仕組みを利用した通販サイトであれば、ネット購入も可能

ルネスタを試してみたいと思ったら、

✔ 病院へ行く
✔ 通販で買う

2つの方法があるのです。

購入方法【1】医師に処方してもらう

不眠を自覚しはじめたら、医療機関を受診してルネスタを処方してもらうのがもっとも一般的な方法です。

どんな風に眠れなくて悩んでいるのかを相談できるうえ、ルネスタの効果やリスクについても詳しく教えてもらえるのが通院のメリット。
睡眠障害を発症したばかりの人や睡眠薬を飲むのははじめてという人はまず、受診してみるのが安心ですね。

購入方法【2】海外から取り寄せる

・ルネスタを処方されたことがある
・眠れなくて悩んでいるけど、病院には行きたくない

そんな人には、ルネスタの通販購入がピッタリです。
通販といっても海外から取り寄せる個人輸入という方法なので、処方薬でもネット購入は合法

スマホひとつでいつでもどこからでも注文できるので、通院にかける時間や手間、誰かに知られたら…という精神的負担はすべてなくなります。

注意!ルネスタは市販されていない

ルネスタは医療用医薬品に分類されていて、入手する際には医師や薬剤師から書類つきで説明を受けなければいけません。
そのため、誰でも利用できるドラッグストアでの市販はNG。

「眠れないから」「ちょっと睡眠薬を試してみたい」と気軽な気持ちでは、ルネスタを購入することはできないのです。

ルネスタの通販購入が人気の理由

ルネスタの通販購入がおすすめな理由

ルネスタを買うにあたっては、通販での購入がおすすめです。

・通院のために時間や費用をかけずに済む
・精神科はハードルが高いという人でも睡眠薬を買える
・誰にも知られずに睡眠障害の治療ができる
・海外ではジェネリック医薬品の種類が豊富

さまざまなメリットがありますが、とくに利便性の高さからネット購入への人気が集まっています。

通院ナシで処方薬が買える利便性

ルネスタがあれば寝られる、ルネスタが自分に合っているとわかっている人にとって、薬を出してもらうためだけに通院を続けるのはムダに感じるかもしれません。

仕事や家事のスケジュールを調整して、通院の予約をする
病院までの移動に時間と交通費を費やす
ルネスタの代金以外に、診察費・調剤費・管理費などがかかる

24時間いつでも利用できる通販なら、通院のせいで発生する負担やストレスをゼロにできるのです。

通販にはデメリットもある

通販にはたくさんのメリットがありますが、いいことばかりではないということも知っておく必要があります。

通販の場合、どのくらいの量をどんなタイミングで飲めばいいのかを教えてくれる医師はいません。
ルネスタの服用については、すべて自分の判断と責任なのです。
もし誤った方法で服用して健康を害しても、思いがけない副作用を生じたとしても、誰かに責任を問うことはできません

安心感や安全性(処方)と利便性(通販)、どちらにプライオリティを置くべきなのかを十分に検討してみてください。

ルネスタ通販の安全性を高めるために

通販は、遠隔地にいる顔の見えない相手との取引です。
ただでさえ不安な気持ちになりやすいのに、ルネスタを扱う個人輸入代行サイトの中には違法業者が多いのも事実。

通販の利便性をフル活用して、なおかつ安心・安全なルネスタを手に入れるには、適正な営業をしているサイトを見極められるかどうかにかかっています。

信頼できるサイトの特徴
✔ 特定商取引法を守って、事業者の情報を公開している
✔ サイトの運営歴が長い
✔ 後払い(着払い)に対応していない
✔ クレジット払い可能
✔ 商品成分の鑑定書が公開されている
✔ 電話対応の問合せ窓口がある

これらのチェックポイントは、個人輸入のルールにもとづいているか?正規品を取り扱っているか?の判断材料。
すべてクリアしていれば信用してOKなサイトですが、少しでもモヤッとするようなサイトは利用を見送っておきましょう。

ルネスタ通販のメリットを最大限に生かすためにも、リスクは徹底的に避けるよう心がけてくださいね。