【安全な飲み方】ルネスタとアルコールの併用について

気持ちよく寝つくために、毎晩お酒を飲んでいるという人はいませんか?
「ルネスタとお酒を一緒に飲めば、もっとしっかり眠れるかも…」なんて考える人がいるかもしれません。

でもちょっと待ってください。
ルネスタに限らず、薬とアルコールの同時摂取はとても危険です。

スムーズな入眠と安定した睡眠のために、ルネスタやお酒とどうつき合っていくべきなのか?
睡眠や身体への影響とともに考えてみましょう。

ルネスタ×寝酒で入眠効果が高まる?

ルネスタとアルコール同時摂取の危険

一日の終わりにビールを飲めばストレスから解放されるし、すんなり眠れるし…。
ついつい焼酎やワインまで飲んじゃうんだよね~という人も多いでしょう。

しかもルネスタは入眠作用に優れた睡眠薬ですから、寝酒ついでに服用すれば完璧!とダブルの効果を期待したくなりますよね。

でもそれは間違った考えなんです。
すんなりと眠りについて質のいい睡眠をキープしたいのなら、お酒はグッと我慢してルネスタを服用するのが正解。

ルネスタとお酒を同じタイミングで摂取して、相乗効果が得られるということはありません

ルネスタとアルコールの併用はダメ!

ルネスタの成分・エスゾピクロンは肝臓で代謝されて血液によって脳へ届き、効果を発揮します。
アルコールも肝臓で代謝され、血液にのって全身をめぐった後に腎臓で処理されて排泄。
どちらを摂取しても、肝臓が働くわけです。

エスゾピクロンだけ、もしくはアルコールだけ体内に取り込んだ場合、肝臓はひとつの成分を分解することに専念できます。
しかし2つを同時摂取すると、肝臓への負担は2倍に
肝臓はどっちも処理しなくちゃ・・と頑張りますが、結果的には通常の半分ずつしか分解できていないという事態が起こってしまいます。

自覚しているよりもはるかに多くの量の睡眠薬を飲んでいた
実際よりも大量のアルコールを飲んでいた

ルネスタとアルコール、どちらも体内に留まる時間が長くなる=過剰摂取と同じ状態になるというのはとても怖いと思いませんか?

眠りたいならアルコールよりもルネスタがいい理由

安定した睡眠のためにはルネスタを

寝酒という言葉があるために、「酒を飲めば眠れるんだ」という印象を持っている人は多いかもしれません。

たしかに飲酒すると、しらふの時よりもボンヤリするし早く眠くなることは多いです。
だからといってアルコールが睡眠障害を改善し、質のよい睡眠を維持してくれるわけではありません。

睡眠について悩んでいるのなら、就寝前に飲むべきはビールやワインではなくルネスタ。
有効成分のエスゾピクロンが脳の働きを穏やかにして、眠りやすいコンディションへと導いてくれます。
服用後すぐ床についておけば、「早く寝たいのに…」とストレスに感じることなく眠れます。

アルコールは眠りを妨げる

お酒を飲むと眠くなるのは、ルネスタと同じように脳へ作用するから。
一時的には寝つきやすい状態になりますが、アルコールが分解されるときに発生するアセトアルデヒトが睡眠をジャマするので起きやすくもなってしまうんです。

アセトアルデヒトは毒性が強く、せっかく休息モードになっていた脳を刺激
眠りが浅くなってしまうので、「すんなり眠れたのに、夜中に何度も起きてしまった」という結果を招いてしまいます。

寝酒の習慣化は危険!

飲めば眠れるから…と、寝酒を習慣にしてしまうのは非常に危険!

ちょっとだけのつもりでも酒量がどんどん増えてしまった…と、多量飲酒が続いてしまうと身体だけでなく心にも不調をきたしてしまいます

アルコールが身体に与える影響

脳が委縮する・・・認知症になりやすい
肝臓に負担がかかる・・・脂肪肝や肝硬変、肝炎になりやすい
カロリー過多で血管がつまりやすくなる・・・脳梗塞・心筋梗塞・不整脈になりやすい
アルコールに耐性がつく・・・依存症を招く

 

寝酒では睡眠障害を改善できないどころか、身体にとって悪い影響ばかり。
眠るためにお酒が欠かせない!という人は、すぐに見直しを。
不眠対策はルネスタの服用に切り替えて、飲酒習慣をストップすることからはじめましょう。